歴史散歩トップ

メルボルン歴史散歩 No 18 旧メルボルン税関 Customs Office1841年

2009年5月26日

メルボルン百景トップ

メルボルン歴史散歩の第18回は、メルボルン税関 Customs Office 1841年の話だ。

旧メルボルン税関は、1876年に完成し、その後も増築をしたもので、現在は移民博物館となっている。

移民博物館公式Web

1841年のメルボルンの人口は、約4000名であった。数年前からは、数倍の規模に成長し、更に勢いを増している。
人口増加は、ほとんど全て移民によるものだ。
このころは、タスマニアからの移民、シドニーなどのオーストラリア各地と、英国本国からの移民だ。
移民たちが持ち込む様々な物資の検査と課税のために、早くから税関が設立された。


(旧メルボルン税関、現在はメルボルン移民博物館。手前は、フリンダース通り。)

最初の税関の役人は、1836年にシドニーからメルボルンへ派遣された。
1835年にタスマニアからジョンバットマンや、ジョンフォークナーのグループなど多数の移民が不法にメルボルンに住みついていた。
NSW植民地のリチャードバーク総督(Richard Bourke)は、不法移民は受け入れざるを得なかった。
しかし少なくとも密輸を防ぎ、全ての輸入品には関税を支払うように命じた。

最初の税関(Customs House)は、1836年にNSW植民地総督のバーク(Richard Bourke)の命により、初代のメルボルン行政官ウィリアムロンズデールによって作られた。
最初の税関員ロバートウェブ(Robert Web)は、ヤラ川沿いに粗末な丸くて白いテント小屋を建てた。
シドニーから持ってきた物資をヤラ川から荷揚げしてテント小屋に持ち込んだ。

テント小屋の税関

1839年のメルボルン

 

ロバートウェブは、1837年には140隻の船から関税3000ポンドの関税を徴収している。
その後、人口が徐々に増え貿易も拡大したために、1841年にブルーストーン製の二階建ての税関が建設された。

 
(左側は、フリンダース通り。手前はマーケット通り。)

1840年代には、拡大するメルボルンの商品需要に合わせて、海運貿易は急速に拡大した。
莫大な量の酒、たばこの輸入により、税関収入は拡大していった。

輸入した酒類

またメルボルン近郊の農地からも食料品がメルボルンへ集まってきた。
ジローンの家畜や羊毛でさえも、税関で関税を払わされたために、ジローンの商人や農家を激怒させている。

1840年には、メルボルンは自由港宣言を出している。
商社は、輸入した商品をいったん保税倉庫へ持ち込む。
保税倉庫に入れておく分には関税はかからず、その商品を市場で販売する場合に関税が発生する近代的なシステムだ。
そのため、税関の周辺には保税倉庫がたくさん立ち並ぶことになった。

 
(旧税関の北側からヤラ川方面を見て。鉄道の向こう側が、メルボルン最初の港町クイーンズワーフ。)

1950年代にゴールドラッシュが始まると、メルボルンの貿易量は、劇的に増えた。また移民もたいへんな数に上った。
1851年には、メルボルンは、NSW植民地から独立するが、新政府の財政が課題であった。

当時は、所得税を導入していなかったので税関は、新政府の唯一の収入源であった。
ゴールドラッシュによってにわか成金が続出したメルボルンは、贅沢品を次々とヨーロッパから輸入した。
輸出される金と輸入される商品の両方に関税を課していたので、税関の収入は莫大なものとなった。
ゴールドラッシュ以前の1850年には、年間で84000ポンドの収入があったが、1854年には、その数字は1か月のものとなった。


(移民博物館の内部の1階にある移民史料館。ここは入場無料。)

税関は、港町の中心地に立地していた。数多くの船長や船員が税関を訪れ、税関員の数も多数に上った。
ビクトリア植民地の金鉱山や、農業地区への玄関口として、メルボルンの港は繁忙を極めた。
新しくやってきた移民は、港の周辺にたむろし、到着した外洋船は、大量の物資を供給し、ビクトリアの黄金と羊毛を積んで出港した。
大量の物資は、メルボルン最初の市場であるウェスタン市場へ供給された。
ウェスタン市場は、メルボルン税関のすぐ北側に位置した。
税関の周辺には、多くのホテル、レストラン、バーが立ち並び、メルボルン随一の繁華街ともなっていった。

税関と港町


(移民博物館の入口。入場料を払って2階へ。左側には、お土産コーナーがある。奥にはカフェがある。1階は入場無料。)

メルボルン税関は、フリンダース通りにある。フリンダース駅の西側で、クイーン橋の北詰だ。
クイーンズ橋の北西側がクイーンワーフだ。現在は、エンタープライズ公園となっている。

Walking Melbourne

***********メルボルンの問題集*********

今回の質問。
1)オーストラリア本土の各州の首都の中で、一番、南にあるのはどこか?
@シドニー
Aメルボルン
Bアデレード
Cパース

2)一番、東にあるのはどこか?
@シドニー
Aメルボルン
Bブリスベン

前回の質問の回答。
1)売上でオーストラリアで最大のデパートはどこか? @マイヤー

2)マイヤーの本社はどこか? Aメルボルン

3)デビッドジョーンズの本社はどこか? @シドニー

参考文献

メルボルンの歴史 Wikipedia  メルボルンの初期の歴史 HISTORICAL TIMELINE

メルボルン歴史散歩の管理人 イタさん(Mike Itaya)  powered by

下記に『メルボルン百景』のサイト内検索機能を付け加えました。 調べたい単語を入れてみてください。ヤラ川、トラム、レストラン、ワイン、などなんでも検索できます。

Google
WWW を検索 ”メルボルン百景”を検索

当ページに記されている内容の信頼性に関しまして、筆者は責任をもっておりません。ご注意ください。
当ページ及び付属のページに記載されている内容や画像を無断で複製・転載・使用することを禁じます。
当サイトは、ホームページ、ブログなどにリンクフリーです。リンクされたら下記までご連絡ください。
Copyrights (C) 2005-2010 Melbourne Hyakkei All Rights Reserved.

inserted by FC2 system