シティ案内

今日の一枚へ

マーベラスメルボルン

マーベラス・メルボルン 第三回 役人たち Administrators

メルボルン百景トップ

 

2016年11月23日(水)
役人たち Administrators
マーベラスメルボルン 
Marvellous Melbourne
メルボルン Melbourne
日豪プレス 

第三回は、シドニーから送り込まれた役人たちの話である。

撮影データ Canon EOS 5D 絞り優先優先AE 評価測光 絞り 9.0 1/250秒 ISO感度200 露出補正 太陽光 JPG レンズ EF 24-70mm f/2.8L /USM 2016年1月16日 15:51
撮影:板屋雅博

左は、移民博物館、旧メルボルン税関でメルボルン最初の政府の建物であるメルボルン税関の場所に建っている。

 1835年にタスマニアからの違法移民に占拠されたことに驚いたシドニー植民地政府のリチャード・バーク総督は、翌年、信頼が厚いウィリアム・ロンズデール大佐を行政長官、司法長官、暫定市長としてポートフィリップ(現メルボルン)に送り込んだ。
不法移民に対して大英帝国の威信を見せつけるためウィリアム・ホブソン大佐が艦長を務める大英帝国軍艦「ラトルスネーク」が使用された。当時シドニーからメルボルンへは海路が唯一の移動手段であった。


左はコリンウッドタウンホールとホドル通り。メルボルン市内の区割りであるホドルグリッドを作成したロバート・ホドルに由来する。



 1936年10月1日に第一種軍装に身を固めたロンズデール大佐とホブソン艦長は水兵隊と共に小型ボートでヤラ川をさかのぼり、 200名ほどの不法移民が集落を形成していたエリザベス通り河岸に着岸し、さっそくシドニーから運んできた建築資材で、ビクトリア最初の政府建物(メルボルン税関)をヤラ川そばに建築した。 ロンズデール大佐は、着任後すぐに、人口統計、土地占有状況、原住民族アボリジニの状況などを調査している。

メルボルン市内のラッセル通りにある地方裁判所。ウィリアム・ロンズデール大佐が整備した。



 1837年6月に初の公式土地売出しが行われ、やっと不法移民状態が解消した。 メルボルン市の基本設計を実施したのは、ロンズデール長官の副官ロバート・ラッセルとロバート・ホドルで、メルボルンの地形調査を実施し、基本的な都市プランが固まった。 メルボルンの東西の通りは、コリンズ通りなど大きな通りと、リトルコリンズ通りなど小さな通りが順番に配置されている。 大きな通りを市民用とし、小さな通りを業者の作業用として、消費活動と物流を分ける近代的な設計であった。碁盤目状の区画をホドルグリッドと言う。

左はバーク通り。リチャード・バーク総督を記念している。


  ロンズデール長官や副官たちが職務に誠実で有能な官僚であったことはメルボルンの初期の時代には非常に幸いなことであった。 バーク総督は1837年にポートフィリップ地区を訪問したが、時の英国メルボルン総理大臣の名前を出来立ての小都市に命名した。 同年は英国ビクトリア女王が即位し、輝かしいビクトリア時代が始まった年であり、ポートフィリップはビクトリアと命名された。

ラッセル通り。ロバート・ラッセルを記念している。

 マーベラスメルボルンと呼ばれたメルボルンの幸運な将来を象徴するスタートであった。 バーク、ロンズデール、ラッセル、ホドルなどの有能な行政官の名前はメルボルン市内に主要な通りとして残っている。 メルボルン湾の一部であるホブソン湾はホブソン艦長に由来する。


メルボルンの海であるホブソン湾は、ポートフィリップ湾の一部。

このページのトップに戻る

inserted by FC2 system