シティ案内

今日の一枚へ

追加画像

フェデレーションスクエア

ポーランドフェスティバル

メルボルン百景トップ


2007年11月18日(日)13:30
ポーランドフェスティバル 
Polish Festival
フェデレーションスクエア
Federation Square
メルボルン Melbourne
この場所の地図 Google Map (航空写真)

好天の予報に反して、今朝の早朝4時頃からかなりしっかりした雨となりました。午前8時前まで降っていました。昼前にはあがり、雲は多少出てましたが、いい天気です。

昨年の今日2006年11月18日(G20先進国蔵相会議)

ポーランドの民族衣装の子供達。既に演技が終わって見学中です。炎天下で暑そうです。

少女が被っている帽子はポーランド共和国(Rzeczpospolica Polska)国旗と国章である鷲を象っています。
ほっぺに描いてあるように白と赤が国旗です、EU諸国のひとつです。
ポーランドの首都は、世界遺産に指定されているワルシャワ(Warszawa)です。人口は、3850万人で世界第32位(日本は10位)です。GDPは、3122億ドル(2005年)で世界第23位(日本は2位)。人口xGDPのポーランド国内市場では東欧では最大。2004年にEUに加盟後に、成長軌道に乗っておりアメリカ、ドイツ、日本の順で投資が続いています。

ポーランドの代表的なビール 『Okocim』
ポーランドではA$1(100円)ですが、メルボルンで買うと$4、このお店では$7で販売しています。
ポーランド人は、東欧諸国の中ではマイルドで人懐っこい気さくな気質で知られています。
歴史の中ではそれが裏目に出て、近隣諸国から攻め込まれて非常に厳しい時代を背負ってきました。ポーランドフェスティバル前回参照。EUの加盟後、国内経済は成長軌道に乗っていますが、国内物価が高く、平均賃金も低いために、英国などへの移住も多いのが現状です。

陽気なポーランド人です。
ポーランドっ子のことをポルスキー(Polski)と言います。
メルボルン(ビクトリア州)に住むポーランド人は、現在、20000人ほどです。
第二次大戦によるナチスドイツの迫害(アウシュビッツ)によって逃れてきた人々からポーランド移民の実質的な歴史は始まっています。
多国籍のメルボルンにおいては決して多数派ではありません。しかしその存在感は多数派と思わせるほどの活躍をしています。家族、友人を大切にするその気風、団結心が、存在感となって現れています。

ポーランド物産店Polka Deli
ポーランド輸入食品雑貨のお店です。
輸入品小売り、デリ、卸売り、ケータリングのビジネスを行っています。
今日のポーランドフェスティバルには、Poliskiの帽子やTシャツを着た家族連れなどが数千人、集まりました。


このページのトップへ

inserted by FC2 system