シティ案内

今日の一枚へ戻る

GPOトップ

ふたつのGPO

メルボルン百景トップ


2007年8月3日(金)
ふたつのGPO
Wedding Fashon
GPO ビル
バーク通りとエリザベス通りの交差点
メルボルン Melbourne
この場所の地図 Google Map

1901年に豪州統一国家(Commonwealth of Australia)が成立し、メルボルンが豪州の最初の首都になりました。その頃から、メルボルンの人口が急増し、郵便の量が拡大しました。

画像は、GPOビルのエリザベス通り側の北側(リトルバーク通りより)にあるエレベーター部分。

昨年の今日2006年8月2日(Espresso Bar Pushka )

 Brides of Melbourne
Brides of Melbourne is located in the fashion hub of the CBD in the landmark GPO Building.
Level 2, 350 Bourke Street Melbourne Victoria 3000.

Phone: (03) 9639 9900

GPOだけで処理することが出来なくなり、1917年に新しい郵便局がスペンサー通りに建設されました。いくつかの部署が新しい郵便局に移動しました。そして新しい郵便局をスペンサー通りGPO(Spencer Street GPO)と名づけられ、旧GPOは、エリザベス通り郵便局(Elizabeth Street Post Office)となり、GPO(中央郵便局)の称号を失いました。しかし旧GPOは、約50年後の1964年に再びGPOの名称を回復し、スペンサー通り郵便局は、Melbourne Mail Exchangeと改名されたのです。

左側は、GPOビル建設当時の鉄骨。
形鋼の形状をしていますが、いわゆる形鋼ではなく、鉄板をボルトで止めた初期の鉄骨構造ですが、十分な強度を持つ構造です。建築当時は、これらの鋼(Steel)は、全て英国からのずいぶん高価な輸入品だったのです。鋼(スチール)とは銑鉄(アイアン)からカーボンを排除して作ります。現代では主に高炉で銑鉄を作り、その後に転炉で酸素を吹き込んでカーボンを排除して鋼を作ります。英国で効率的な転炉法により鋼が生産開始されたのは、1856年です。


 Octane Coffee Shop
Level one
TEL:040-030-0372

The Age

奥の左側
Max & Co.,
イタリアファッションのお店
TEL:03-9654-7729

右側のお店
Veronika Maine
ファッションのお店
TEL:03-9639-5355
公式Web

 昔の台はかり (1F)。これは多くは鋳物で出来ています。この場合は、鋼ではなく、銑鉄を原料として、砂で作った鋳型に溶銑を流し込んで作ります。
豪州は、世界最大の鉄鋼原料産出国(鉄鉱石、原料用石炭、および副原料)です。しかし本格的な製鉄(Steel making)は、1915年に当時のBHP(現Blue Scope)がニューカッスル(Newcastle)製鉄所で開始しました。これは産業用と共に戦争に大量の高純度の鉄が必要だからです。日本での本格的な製鉄は、1901年に官営八幡製鉄所がスタートしています。これは日清戦争で中国から得た賠償金を元に作ったもので、これも戦争の必要性から出来ています。

GPO公式 web


このページのトップへ

inserted by FC2 system