シティ案内

ラッセル通り Russell Street トップ     2017年5月5日更新

メルボルン百景トップ

 アドビ318

 旧警察本部ビル 2009

 高等裁判所 2007

旧監獄 中庭

 エミリーマクファーソン大学

 8時間運動記念碑 2009

オッドフェローズ(北)

ポートランドホテル

器具の歴史

 ラッセルとバークの交差点 2006

Exford Hotel

スタラクティテス 

QV トップ

(南)  ウェリントン公爵ホテル 2006 

Forum 劇場

G20会議二日目

ルイヴィトン

 セントミッチェル教会  2008

ラッセル通りの地図 Googole Map
ラッセル通りは、メルボルンを南北に走る通りです。北は、ビクトリア大通りから南はフリンダース通りまでです。
ビクトリア大通りでは、イタリア料理店で有名なライゴン通りにつながってます。
西のスプリング通りから数えると3番目の通りになります。中心部は、北のロンズデールからコリンズ通りまでです。
ラッセル通りの名前は、都市調査官であったロバートラッセル(Robert Russell )に由来します。彼はメルボルン最初の大聖堂、St James Old Cathedralの設計者として名前を知られています。
写真は、南の端、フリンダース通りとの交差点です。ここにはデュ-クオブウェリントン ホテルとForum劇場があります。

『メルボルン百景』サイト内検索

Google
WWW を検索 ”メルボルン百景”を検索

当ページ及び付属のページに記載されている内容や画像を無断で複製・転載・使用することを禁じます。
当サイトは、ホームページ、ブログなどにリンクフリーです。リンクされたら下記までご連絡ください。
Copyrights (C) 2005-2017 Melbourne Hyakkei All Rights Reserved.

inserted by FC2 system