シティ案内

今日の一枚へ

 バララット

 メルボルン百景トップ

クレイグホテル Craig Hotel

2021年2月11日(木) (従来版)
クレイグホテル 
Craig Hotel
バララット Ballarat
ビクトリア Victoria
この場所の地図(Googole Map)

最初の名前は、バララットホテルバスのホテル又で、バララット金鉱山地区では最初の免許を得たホテルであった。1853年7月1日にバララットホテルとして免許を得た。

撮影データ Canon EOS 5DMarkⅡ シャッター速度AE 評価測光 絞りF8.0 1/500秒 ISO感度 100 露出補正 -1/3 オート JPG レンズ EF 24-70mm f/2.8L USM
2011年2月01日12:31 板屋雅博 撮影

クレイグホテルは、数段階に分けて建築された。
南ウィングは、1862年に建築家C.D. カッシュバート(C.D. Cuthbert)の設計で建てられ、北ウィングは、1889年ー90年にジェイムズ&パイパー(James and Piper)事務所の設計で建設された。鋳物製の天井付き入り口ポーチは、1901年にスミス&マロイ(Smith and Malloy)事務所の設計で建築された。南ウィングの一階部分は、石材を粗石積み(ラスティケーション: rustication)したデザインをしている。上部にふたつのタワーをもった二階建てのロッジア(loggia)が2階、3階部分には採用されている。
rustication(wiki)隈研吾

10 Lydiard Street South


北ウィングは、先端が都だったマンザード屋根を持った五角形のタワー( octagonal tower)と窓側の歩道(window walk)が特徴である。南ウィングは、イタリアン様式の代表例のひとつであり、2階と3階部分は、ロッジア、タワーなどが特徴的である。北部部分は、ビクトリアが経済ブーム期の特徴である左右対称様式が採用されている。内部装飾も素晴らしい。クレイグホテルの外に立つふたつのガスランプは、 バスレーン通り(Bath Lane)とリディアード通りの交差点とリディアード通り南側(Lydiard Street South)にある。1890年頃の設置である。ホテルの一部として民間によって制作されたものである。
ロッジア(loggia)は、イタリアで生まれた建築意匠の一種を指す言葉で、ファサードに一方の側が外に開かれた廊下を配し、一定間隔の柱で支持するか、単に壁に開口部を設けた形状のものである。 開廊、涼み廊下とも。 地上階にある場合は回廊とも呼ばれるが、上層階に配する場合もある。


クレイグホテルの歴史
・ユーレカの反乱(Eureka Stockade,)の際の、ロイヤル委員会(Royal Commission)の拠点
・臨時のバララットタウンホール(a temporary Ballarat Town Hal)
・米国南北戦争から逃げてきた南軍海軍兵士の歓迎会が開催された。CSS Shenandoah
・著名な詩人アダム・リンゼイ・ゴードン(Adam Lindsay Gordon)の作詞の仕事場
・豪州訪問中の作家マーク・トウェイン(Mark Twain)の宿泊所
・メルボルン競馬倶楽部(Melbourne Racing Club,)の誕生の場所
・コーフィールド」カップ(Caulfield Cup)の誕生地

最初は、1853年にバララットの最も早い時期のホテルのひとつとしてバララットホテル(Ballarat Hotel)として建設され、ライセンスを取得してオープンした。最初のオーナー、トーマス・バス(Thomas Bath)からウォルター・クレイグ( Walter Craig)が購入してクレイグホテルとして1857年に再オープンした。

米国南北戦争(US Civil War)に於ける南軍巡洋艦(Confederate cruiser)シュナンドー(CSS Shenandoah)号が海敵的襲撃者(pirate raider)として1865年に突然、メルボルンのウィリアムズタウンに入港した。
シュナンドー号の船長は、バララットに将校団(delegation of officers)を送った。
バララットの富裕層(wealth)、女性(beauty)、進歩派マスコミ(fashion)は、将校団を総出で大歓迎(out in full force)した。

豪州の偉大な詩人で国民的詩人('national poet)とされたアダム・リンゼイ・ゴードンが自身に関連するバスレーンにそった馬小屋に短期間、滞在した。ゴードン、夫人、生まれたばかりの娘の3名は、南豪州ローブ(Robe, South Australia.)に滞在した後、この場所のコテージに滞在した。1867年11月から波乱に満ちた(turbulent)12か月を過ごすことになった。ゴードンは、貸し厩舎( livery stable)をビジネスパートナーと経営したが、ゴードンは、馬から落ちて頭を怪我した。また娘は他界して、ビジネスは失敗した。翌年10月に開催されたメルボルン・ハントクラブ(Melbourne Hunt Club)が主催する3つの障害物レース(steeplechase)で勝った。ゴードンが滞在したコテージは、バララット植物園に保存されている。クレイグホテルは、ゴードンの詩Banker's Dream:に記入されている。

このページのトップへ


inserted by FC2 system