シティ案内

今日の一枚へ

プロビンシャルホテル Provincial Hotel

メルボルン百景トップ

バララット

VHD

公式

バララット wiki

Ballaratrevealed

Federation

Alamy

Lydiard Street

history

2021年2月28日(日)(responsive版)
プロビンシャルホテル 
Provincial Hotel
バララット Ballarat
ビクトリア Victoria
この場所の地図(Googole Map)

プロビンシャルホテルは、バララット駅の正面に位置し、バララットの名物建築物のひとつである。1854年にライセンスを取得した。

撮影データ Canon EOS 5DMarkU シャッター速度AE 評価測光 絞りF10.0 1/160秒 ISO感度 100 露出補正 オート JPG レンズ EF 24−70mm f/2.8L USM 2011年2月01日13:16 板屋雅博 撮影


リリアード通り北側のプロビンシャルホテルのオーナーは、故Wm アーウィン(Irwin)の信託財団(trustees)で免許者はJohn Reid. Mr J. B. Pearsonであった。免許許認可審査官のバルティン(Licensing Inspector Balchin)によると最初のプロビンシャルホテルは、古い1階建て木製で整備状況は悪く、のホテルであったが清潔で家具は比較的良い状態であった。40部屋があり天井は高かった。古い厩舎も備わっていた。ホテル料金は週に6ポンドで年間の税金(assessment)は275ポンドでった。1905年9月には、禁酒時間帯にバーをオープンしたかどで有罪判決を受けている。ホテルは鉄道駅のすぐそばという目立つ位置にあり、古くて危険なひどい状態であったので当局から改善するように指導を受けていた。


 プロビンシャルホテルは、施主ウィリアム・アーウィン(William Irwin.)、設計パーシー・リチャーズ(Percy Richards. )建築施工スクイア・ジョンソン(Squire Johnson)にて建築された。新バララット・ホテル(NEW BALLARAT HOTE)の名前が付けられたのが、プロビンシャルホテルであった。旧プロビンシャルホテルがあった場所で、バララット駅の目の前であった。アラベスク模様のタワーが採用されており、バララットの美しい町並みに彩を加えている。
最初のプロビンシャルホテルの免許は1854年に発行され免許者であったウィリアム・アーウィンの家族が現在も保有している。十分な採光と外気の為に広い中庭が設置されており、バルコニーから眺めることが出来る。45部屋があり、広いレストラン、便利な多目的ルームがある。

 バララットで蒸気機関産業が1854年から発展し、フェニックス鋳物会社(Phoenix Foundry)は1906年まで操業した。1862年にジーロンーバララット鉄道線が開業し、バララットは主要鉄道駅の町となった。1867年までに原住民アボリジニは少数の除いて消えていった。
エジンバラ公アルフレッド皇太子(Prince Alfred, Duke of Edinburgh )が1867年12月9日から13日まで最初の英国皇室によるバララット訪問があり、市民は大歓迎で迎えた。クレイグホテルが滞在ホテルとなり、皇太子の部屋が用意された。アルフレッド皇太子記念ホールが最初の市民センターとしてふたつの市の中間のヤロウィー(Yarrowee)に建築された。バララット市民であるヘンリー・ジェームズによるアルフレッド皇太子暗殺未遂事件は地元にショックと恐怖をもたらした。
Henry James O'Farrell

 バララットは、1871年に市行政を宣言し、1877年にゴンゴンダム(Gong Gong dam)が洪水を防ぐ為と水道水の供給の為に建設された。メルボルンへの直行鉄道線は1889年に建設された。最初の電力は1901年に供給開始された。リッポン通り(Ripon Street)とウェンドウリーパレード(Wendouree Parade)の交差点に発電所が建設され、バララットのトラム網に電気を供給した。1917年にバララットノースにビクトリア鉄道の製造整備工場が作られた。大恐慌の時代に多くの工場が閉鎖され、人々は職を失った。バララット東と西の市当局は1921年に合併しバララット市となった。


 1930年に新しい下水システムが、1931年にバララット空港が完成した。1936年にジーロンがビクトリア第二の都市になった。第二次世界大戦中は、バララットは豪州空軍の学校(RAAF Wireless Air Gunners' School)と爆撃機隊(USAAF Liberator bomber squadrons)、RAAF No.1 Inland Aircraft Fuel Depot (IAFD),が置かれ、日本軍の進撃に備え、1944年に解散された。1942年にバララットはビクトリア州の電力供給網、66000KV線に組み込まれた。


このページのトップ

inserted by FC2 system