メルボルンを遠く離れても忘れられない人、
いつの日かメルボルンに帰りたい人に贈る。

  イタさんをフォローしましょう

コリンウッドトップ 社会史 建築史1870-79 メルボルンの教会 イーストメルボルン 今日の一枚

2021年2月23日(火)(responsive版)
バララットタウンホール 
Ballarat Town Halll
バララット Ballarat
ビクトリア Victoria
この場所の地図(Googole Map)

スチュアート通りとアームストロング通り(Armstrong street)の交差点は、バララットが町(borough)と公式に認定された最初の頃に、タウンホールの適地として予定された。1859年に最初の臨時市役所建物(temporary council chambers)が火事で焼けたが、新しい本格的で印象的な建物が計画された。

撮影データ Canon EOS 5DMarkU シャッター速度AE 評価測光 絞りF8.0 1/500秒 ISO感度 100 露出補正 -1/3 オート JPG レンズ EF 24−70mm f/2.8L USM 2011年2月01日12:23 板屋雅博 撮影


75ポンドの賞金で建築コンペが行われた。市役所設計案は、裁判所( police court)、治安判事事務所(magistrates office)、ふたつの拘留室、公共図書館、ミューゼアム、委員会室、防火室、証人待機室、議会係員用宿泊施設で構成されていた。地元在住の建築家チャールズ・カッシュバート(Charles D. Cuthber)が受賞し、1860年8月16日に礎石が置かれ、多くの市民が集まった。バララットのシンボルとなることが期待された。建築家の壮大な設計であったが、結局建築されたのは、裁判所だけであった。1861年にオープンした後、その他の部分は保留されたが、カッシュバートの設計は高すぎた。

 財政難の後、タウンホール建物のあるべき内容について、議論が重ね、1869年まで動きはなかった。既存の裁判所を含み、新たな建築コンペが行われた。13名の建築家から設計案が出され、地元の建築家ヘンリー・カセリ(Henry R. Caselli)が受賞した。しかし委員会は内部の設計はカセリを使い、外部は第3位であったロレンツ(J.T. Lorenz)を使用した。市助役(councillors)は、2位であった建築家パーシー・オークデン(Percy Oakden)をバララット市の公式建築家として指名した。1870年1月に新しい礎石が置かれ、丸2年後にタウンホールは完成した。

 バララットのは、絵にかいたような町で装飾が多い建物や広い大通り、美しく整った町並み、豊かなゴールドラッシュ、アボリジニ文化などで知られる。1851年のゴールドラッシュで町は完全に変わった。より良い生活と未来を確保する為に、世界中が金を求める人が集まった。1851年から1870年までの間にバララットで1千万オンス(10 million ounces:31グラム)の金がバララットで採掘された。31x10,000,000グラム=31000トン
ゴールドラッシュの初期には、緊張と混乱が起こった。許認可の関係で、金鉱夫は不公平と感じたため、金鉱夫と軍隊の間で衝突があった。1854年12月3日のユーレカ砦(Eureka Stockade)の反乱につながった。金鉱夫は、ユーレカの戦いで負けたが、歴史家は豪州の民主主義の原点と称した。金鉱夫は後に投票権を獲得した。


 ユーレカ反乱による混乱が落ち着いた頃、バララット市は、形を整えてきた。一時的な建物の代わりに恒久的な建物が建ち始め、病院、救護院(benevolent asylum)や技術学校、教会、小学校が設立された。1855年にバララット町(Ballarat borough)が宣言され、タウンホールの土地も確保された。一時的な木製のホールと市議会室、二部屋ある係員の小屋(messenger’s cottage)が建てられたが、1859年に工作室から火が出て焼け落ちた。

 タウンホールの3階部分に市役所としては世界で3つしかない独自の音色をしているアルフレッドベル(Alfred Bells.)バララット市の歴史的な収集物が収蔵されている。ベルタワーは2階建てでタウンホールビルの屋上に建てられおり、バララット市では最も高いビルのひとつである。歴史家ウェストン・ベイツは、アルフレッドベルは1867年にバララット市を訪問したアルフレッド皇太子(Prince Alfred)を記念したものであると述べている。

Ballarat Town Hall West, 1861

このページのトップ


『メルボルン百景』サイト内検索

Google
WWW を検索 ”メルボルン百景”を検索

メルボルンから世界の歴史を探索し、メルボルンの街を通して、人生の一端が知れたら。。。
当ページ及び付属のページに記載されている内容や画像を無断で複製・転載・使用することを禁じます。
当サイトは、ホームページ、ブログなどにリンクフリーです。リンクされたら下記までご連絡ください。
Copyrights (C) 2005-2017 Melbourne Hyakkei All Rights Reserved.
個人情報管理方針
Please contact to oriental@skyblue.ocn.ne.jp
What's on in Melbourne  That's Melbourne F1トップ メル百予定 New Nordic 競馬 メルボルンカップ 歌曲  全豪オープン2020 全豪19  コーフィールドタウンホール
   Japan In Melbourne    メル百基礎情報  メルボルン稲門会 Dengon Gumtree 収益不動産 都心物件散歩 帰国物件 帰国 テニス テンプレート
AFLトップ AFL 2011GrandFinal 合意書

inserted by FC2 system