シティ案内

メルボルン歴史散歩 メルボルンの歴史を遡って マーベラスメルボルン 2017年7月30日 更新

メルボルン百景トップ

1.三人の船長

 2.二人のジョン

3.役人たち

4.ラトローブ総督

5.メルボルン市誕生

6.ビクトリア誕生

7.ゴールドラッシュ

8.移民の激増

9.教会の建設

10.QVM

11.農業資本家

12.中国からの移民

13. ガーデンシティ

14.タイムボール

15.難破海岸

16.叡智の集結

17.メルボルン監獄

2016年8月号から日豪プレス紙にマーベラスメルボルンという連載を始めました。
1835年にメルボルンが成立してから1901年にオーストラリア連邦が出来てメルボルンが最初の首都になるまでの話です。
かつてメルボルンの歴史散歩を作りましたので、その分に重ねます。
記事予定

 1.フリンダース船長 (2009年1月3日)     

1802年のメルボルン湾に最初に入ってきたフリンダース船長の探検隊の話。フリンダース通り。

2.チャールズグリム船長 (1月11日)      

1803年にヤラ川を調査したチャールズグリム船長の話。チャールズグリム橋。

3.コリンズ大佐とコリンズ通り (1月18日)   

1803年にメルボルン湾のソレントに半年間、移民して失敗したコリンズ大佐の話。コリンズ通り。

4.ジョンバットマン (1月25日)          

1835年にメルボルンに初めて定住したジョンバットマンの話。バットマン公園。バットマンヒル。

5.ジョンフォークナー(2月1日)          

1835年にバットマンと同時期にメルボルンに定住した。フォークナー公園。

6. チャールズスワンストン(2月8日)      

1835年ジョンバットマンと共にポートフィリップアソシエーションの中心的人物。スワンストン通り。

7.ウィリアムロンズデール大佐(2月15日)   

1836年メルボルン初めての行政官、裁判官、警察官であった。 ロンズデール通り。人口224名。

8.リチャードバーク総督(2月22日)       

1837年バーク総督は、メルボルンの名前を命名した。バーク通り。

9.ロバートラッセル(3月1日)           

1837年ロンズデール大佐のもとで、メルボルンの都市計画を作る。ラッセル通り。

10.ロバートホドル(3月8日)            

1837年メルボルンの都市計画を本格化させた。ホドル通り。

11.ジェームズクック船長(3月15日)       

1770年シドニー近郊に西洋人としては初めて到達した。クック船長の生家(フィッツロイ公園)

12.チャールズラトローブ総督(3月22日)    

1839年に赴任。公園、大学、図書館などメルボルンの基礎を作った。ラトローブ通、ラトローブ大学。

13. フラッグスタッフガーデン公園(4月4日)   

1837年。メルボルンで最初の埋葬地がこの丘に定まった。人口1264名。

14 セントフランシス教会(4月14日)        

1841年建設。メルボルンで最古の建築物のひとつ。人口4000名

15 GPO 中央郵便局(5月9日)           

1841年最初のGPOが現在のバークとエリザベスの交差点に建設。

16.メルボルン監獄(5月16日)           

1841年 ネッドケリーや幽霊ツアーで有名。メルボルン初期の代表的な名所建築物。

17レディセントキルダ.(5月26日)        

1841年 レディセントキルダ号がメルボルンへやってきた。セントキルダの発祥。

18.  メルボルン税関 (5月31日)         

1841年 メルボルンの主要役所のひとつ税関。政府の収入源。

19.メルボルン市誕生(6月15日)          

1842年 メルボルン市が発足。タウンホールの歴史。

20. コリンズ通りバプテスト教会 (年1月4日)  

1845年 42年から45年にかけてのメルボルンの様子。

『メルボルン百景』サイト内検索

Google
WWW を検索 ”メルボルン百景”を検索

当ページ及び付属のページに記載されている内容や画像を無断で複製・転載・使用することを禁じます。
当サイトは、ホームページ、ブログなどにリンクフリーです。リンクされたら下記までご連絡ください。
Copyrights (C) 2005-2018 Melbourne Hyakkei All Rights Reserved.

inserted by FC2 system