シティ案内へ

メルボルンの建築物  2017年5月21日更新

メルボルン百景トップ

 病院

 タウンホール

 政府建築物

 劇場

 教会

トイレ

高層建築

建築年代別分類

-1849

1850‐59

1860‐69

1870-79

1880-89

1890-1899

1900-09

1910-19

 1920-29

 1930-39

1940-49

1950-59

1960-

   建築様式別   アールデコ      一覧表

作家別

チャールズ・ウェブ

 ジョセフ・リード

 J.J.Clark  

ウィリアム・ワーデル

 A. E. Johnson

 Crouch & Wilson

 ヘンリーバスト―

 ジョージ・ジョンソン

ウィリアム・ピット

 ナーハム・バーネット

 AJマクドナルド

 トンプキンス兄弟

 ハリーノリス

メルボルンには、ナショナルトラストなどの関係者の努力により歴史的な建造物が数多く残されてる。
作家別や年代別、機能別に判りやすく分類する。
現代建築物もできるだけ追加する予定。

建築期・・・簡単に分けると。
1850年以前・・・・・・ジョージアン
1850年−1900年・・・・ビクトリアン
1900年−1920年・・・・エドワーディアン
1920年−1935年・・・・アールデコ
1935年−1940年・・・・インターウォー(両大戦期)

ビクトリア州遺産(Victoria Heritage Registration)

Walking Melbourne   AD online

豪州伝記集

セントキルダの建築物

  建築用語辞典

  bracket ブラケット、〔L字形の〕取り[据え]付け用金具{よう かなぐ}、〔ブラケットで取り付けた〕張り出し棚
  gable  切妻、破風    beare
  layered  層状の、重なった。重層の、階層状の、層になった
  lively 生き生きとした、躍動的な
  mouldings 出っ張った飾り
  parapet  欄干、パラペット    balustrade 手すり、欄干    keystone 要石  buttress 《建築》控え壁で支える。  pavillion 棟
  pediment 切妻屋根       pilings 杭
  pilaster  付け柱、片蓋柱{かたふたばしら}◆壁面から浮き出している装飾用の柱。通例、薄い角柱状で柱頭と柱基を備えている。
  projecting 突き出た 
  rendered 着色された rendered brick 着色レンガ
  stuccoed brick 化粧しっくいレンガ 彩色煉瓦
  trapezoidal 大径の    cluster 【自動】1.〔果実・花などが〕房になる 2.群がる 散りばめる。
  rusticated basalt base 田舎風の、飾り気のない、玄武岩の、
  dentillated cornice 蛇腹{じゃばら}◆壁または柱で支えられた水平材を飾る帯。古典建築では柱で支えられる部分(entablature)が3段に分かれており、最上部からそれぞれコーニス、フリーズ(frieze)、アーキトレーブ(architrave)と呼ぶ。
  span  スパン:梁間(りょうかん)、わたり 骨組みの支点間の距離。スパン(支点間距離)が大きくなれば、それだけ横架材の成も大きくなります。
  spanning beam 横架材  
  bracket 腕木
  columns 円柱   colonnade 〔アーチや屋根{やね}を支える〕柱列      cupola 【名 円屋根◆【同】dome
  trusses トラス 三角形を基本単位としてその集合体で構成する構造形式。結構ともいう。
  oculus オクルス ドームの中央部に設けられた円形の天窓
  extant 現存している
  hipped roof 寄棟屋根
  slate roof スレート(薄い板状の屋根材)
  hammerbeam roof ハンマービーム屋根とは装飾用途でトラス構造を持った材木製の屋根で英国ゴシック建築物の典型的な屋根。英国の中世期の職人芸
  plinth 柱礎 礎石 基底部 台座   bluestone plinth
  portico〔柱で支えた〕屋根のある玄関[ポーチ]   quoin 隅石





  drip moulds 雨水(窓または戸口の上に)から下の領域を保護するように設計されたコーニスまたは窓しきいの突起
  string course 水平方向への仕切り段

《建築》オーダー、円柱形式{えんちゅう けいしき}、建築様式{けんちく ようしき}◆柱によって区別される古典建築の様式、または一般に建築様式を指す。古典建築の円柱形式はルネサンス期に五つに分類され、古代ギリシャのドリス式(Doric order)、イオニア式(Ionic order)、コリント式(Corinthian order)、古代ローマのコンポジット式(Composite order)、エトルリアのトスカナ式(Tuscan order)であるとされた。

『メルボルン百景』サイト内検索

Google
WWW を検索 ”メルボルン百景”を検索

当ページ及び付属のページに記載されている内容や画像を無断で複製・転載・使用することを禁じます。
当サイトは、ホームページ、ブログなどにリンクフリーです。リンクされたら下記までご連絡ください。
Copyrights (C) 2005-2017 Melbourne Hyakkei All Rights Reserved.
Please contact to oriental@skyblue.ocn.ne.jp

inserted by FC2 system