シティ案内

2017年7月へ

2017年 8月のメルボルン

2017年9月へ

メルボルン百景トップ


2017年8月18日(金
ヤング&ジャクソンズ プリンセスブリッジホテル
Young and Jackson's Princes Bridge Hotel
スワンストン通りとフリンダース通り交差点
Swanston Street and Flinders Street
メルボルン Melbourne
この場所の地図 Google Map

オーストラリアで最も有名なパブと云っても過言ではないホテルである。メルボルンの創設者であるジョンバットマンがこの地に家を構えたことでも知られる。

撮影データ Canon EOS 5D 絞り優先AE 評価測光 絞り 8.0 1/500秒 ISO感度100 露出補正 -1/3 太陽光 JPG レンズ EF 24-70mm f/2.8L /USM 撮影:板屋雅博 撮影2017年1月16日9:24 


2017年8月11日(金)
ユリーカタワー Eureka Tower
サウスバンク Southbank
メルボルン Melbourne
この地区の地図Googole Map

ユーレカタワー 293.3mのデベロッパーは、ユーレカタワー社(Eureka Tower Pty Ltd)とDaniel Grollo (Grocon)、投資家の Tab Fried、建築家 Nonda Katsalidisのジョイントベンチャーであった。当時は世界で最も高い住居タワーであったが、現在は、ドバイのHHHRビルが優っている。2016年時点でクインズランド州のQ1ビルに次いでオーストラリアで2番目に高いビルで、世界では15番目に高い住居ビルである。

撮影データ Canon EOS 5DMarkU 絞り優先AE 評価測光 絞りF8.0 1/250秒 ISO感度 100 露出補正 オート JPG レンズ EF 24−70mm f/2.8L USM
2017年1月21日 板屋雅博 撮影

2017年8月6日(日)
アートセンター(追加画像)
The Art Center
セントキルダ通り 
St Kilda Street
メルボルン Melbourne 
この場所の地図 Google Map(航空写真)

アートセンターの場所は、長く芸術とエンターテイメントの開催地であり、サーカス、劇場、ローラースケート、アイススケート、映画、ダンスなどの臨時演芸場であった。現在の建物の屋根部分の形に似ているが、かつてゴールドラッシュ期などメルボルンの初期の時代には、この地域は、キャンバスタウン(テントシティ)と呼ばれた。

撮影データ Canon EOS 5DMarkU 絞り優先AE 評価測光 絞りF8.0 1/250秒 ISO感度 100 露出補正 オート JPG レンズ EF 24−70mm f/2.8L USM
2017年1月21日 板屋雅博 撮影



2017年8月2日(水)
フラッグスタッフガーデンの歴史(追加画像)
メルボルン Melbourne
この場所の地図 Google Map

フラッグスタッフ公園は、メルボルンシティ(CBD)の唯一の大型公園である。都心のオアシスとして親しまれているが、その歴史はメルボルンの歴史と重なっている。特にメルボルン海岸との通信施設として旗竿(フラッグスタッフ)が使われた事が、名前の由来になっている。


撮影データ Canon EOS 5DMarkU 絞り優先AE 評価測光 絞りF10.0 1/400秒 ISO感度 200 露出補正-1/3 太陽光 JPG レンズ EF 24−70mm f/2.8L USM 2017年1月21日18:43 板屋雅博 撮影

Wikipedia

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2017年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2016年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2015年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2014年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2013年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2012年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2011年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2010年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2009年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2008年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2007年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2006年

9月

10月

11月

12月

2005年

inserted by FC2 system